地デジについて

地デジアンテナをつけると、地上波デジタルテレビ放送を自宅で観ることができます。
2011年7月24日にアナログ放送から地上デジタル放送へと完全移行されました。
それまでテレビアンテナだけでテレビ放送が観ることが出来ました。
しかし、この日からは、地デジ(地上デジタル)アンテナと専用チューナーがなければテレビを観ることができなくなります。
テレビ放送のデジタル化に伴った大掛かりな移行です。

すでに数年経った現在は、地デジそのものが一般化されつつあり、どこの家庭も地デジアンテナになっていて、普通にテレビ放送を楽しむことができるようになりました。
それに伴い、2011年では、地デジ対応のチューナーが備わった地デジテレビ本体も爆質的な売れ行きを延ばしました。
しかし、アナログ式のテレビであっても、地デジ対応チューナーを設置することで、今までどおりにテレビ放送を楽しむことができます。

地デジの特徴は、何と言ってもハイビジョンによる高画質でしょう。
地デジでは、雑音などで映像や音声が劣化したり、高い建物などで放送が映らないといった影響を受けずに、美しい映像で観ることができます。
その証拠に、テレビに映る方の顔の細部まで観察することができたり、色彩の微妙な違いをすぐに確認することができます。
また、この地デジの普及により、薄型テレビになったことも注目されました。
ブラウン管ではなく、厚さ数十センチのテレビによって場所を選ばすテレビが置けるようになりました。